知っていますか?タイヤの交換時期

タイヤにはそれぞれ安全で適切な交換時期が指定されています。

 冬用タイヤとしての使用限度を示すサインは「プラットホーム」と言って、
新品タイヤが50%摩耗したことを示す段差です。
「プラットホーム」が露出した場合、冬用タイヤとして使用することができなくなります。
「プラットホーム」が露出した状態で冬道を走行した場合、
氷上でのブレーキ性能悪化や雪路・シャーベット路での走行でスリップの可能性が高まります。

 

 

スタッドレスタイヤのプラットホームは左図のようにタイヤサイド部の周上4カ所にある「↑」マークの延長線上にあります。 

 

 

雪が降って無くても冬の道路は危険がいっぱい

☆日没後は、路面が急速に冷やされて凍結しやすい。

 

☆凍結路に日が当たると、氷の表面に水膜ができ滑りやすい。

 

☆橋の上では要注意。地熱が無く水分も多い上に、

  橋の上と下から冷やされるので凍結しやすい。

  結路面に日があたると、氷の表面に「溶けた水の膜」が出来て

  滑りやすくなっている

  

☆降雪の多かった後は、路面が凍結した古い雪と、

  サラサラの新雪の2重構造になっていて滑りやすくなっている。

  

☆信号や踏み切り手前では、発信や停車が多い影響で、

  つるつるの凍結路面になりやすい。

 

 

冬の運転には十分に気をつけましょう